スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛を紙にこすりつける戦いを終えて 

どうも。

幼稚園児だった頃、先生が

「この組でハワイに言ったことがある人~?」

と聞いてきたとき、僕は見栄を張って行った事ないくせに

「はい。あります。」

と言ってしまい、その日の帰りに母親が迎えに来た時に先生が

「○○君宅はハワイに行った事あるんですか~?」

と聞き、母が

「いや、ないですよ。」

と言ったとき、僕は心の中で

チッ、嘘がばれちゃった。しょうがない。でも幼稚園児なんてのは変なことばっかり言うからなぁ~。それでごまかすか。)

と思い、僕は

「いや、お母さんの友達がハワイに言ったって聞いたんだよ~。」

と言い、なん~だ、そういうことだったんだ~、ということになって終わるのかと思いきや、親が

「いや、友達が行ったのはハワイじゃなくてグアムだよ~。」

と言ってなんか変な空気になったことを何故か覚えているアンダルマッカーです。
(前書きが長くてすいません。)




さて、3日間に及ぶテストという名の戦いも昨日やっと幕を閉じました。

長く苦しい戦いでした。

鉛を紙にどのようにこすり付けるかによって運命が決まる過酷な戦いです。

戦いを総括して言えることはただ一つ。

あまり手応えがないっ!


・・・・・まあ、でも自分が思っている以上に点がいいときってたま~にあるのでそれに期待です。


それにしてもテスト直後ってのは気が抜けますねぇ~。
テストのハイライトとか書こうとしたけど書く気が起こらないや。(おい



まあ、そういうことです。



それじゃ今日はこの辺で。
(って最初の挨拶が本文より長いってどういうことだ。w




ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けたら嬉しいです。とっても。



FC2ブログランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://speedofsound583.blog56.fc2.com/tb.php/218-8f7d9592
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。