FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語 

よく

「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら世界は変わっていただろう。」


と言われますが

「○○(管理人名)の背がもう少し高かったら世界は変わっていただろう。」


と言われてみたいとか思ってるアンダルマッカー(身長162,5cm。。ただ、将来的には170越えを果たすつもり。)です。


え~、さて、先日

「学校DE寄席」

という芸術鑑賞会があり、落語と第神楽曲芸を鑑賞しました。

落語については「爆笑問題カーボーイ」というラジオ番組にて太田光氏が語っているのを聞いたことがありました。

太田氏曰く、

「落語を聞くと漫才やコントがくだらなく思えるようになる。」


また、僕のおぼろげな記憶によると太田氏曰く、落語というのは

「人間はダメな生き物」

であるというのを肯定しており、人間の本質みたいなものが見えてくるとかいうようなことを言っていたような気がしたので結構興味はありました。

「子ほめ」や「子は鎹」といった落語を鑑賞しました。

感想としてはとても高級な芸能という感じがしました。

落語では、というのを大事にするらしいです。
間というのは言葉から言葉の間の事で、客を笑わせたり、世界に引きずり込むポイントとなるとのこと。

また、扇子、手ぬぐいといった小道具を使って仕草を表現したりするのですが、まあ、それが見事だったりするのです。

扇子を箸代わりにしてそばを食べたり刀を抜く様を表現したり。

肝心の話のほうも面白かったです。はい。

まあ、でも厳密に言うと面白かった、というのもありますが見事だった、という感じがしました。

話の構成とかが結構見事だったりするんですよ。ええ。


ということで今回の鑑賞会は有意義なものでした。はい。


それじゃこれで。(なんだか下手な感想文のようになってしまった。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けたら嬉しいです。とっても。



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

間は音楽にもあるし、将棋にもある。ひと呼吸いれるのがそれにあたるんだろうなと思う。サッカーにもあるよな、タメがそれとおなじだろうね、NHKラジオで落語聞いたほうがいいぜ、結構笑える、あと高雄とかいって呼ばれた先生が我が高で一位二位を争う数学の教員、教えてもらえるといいな。来年度
以外とおもしろかったねあと、太田って高校の時クラスのお友達から浮いてたんだってね、むしろ友達一人もいなかったから担任から太田と誰か友達になってやれとか言われてたとか、産経新聞の話の肖像画に特集されてた、

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://speedofsound583.blog56.fc2.com/tb.php/181-588e04d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。